🎈 テレビ番組

風船・バルーンを用いたテレビ番組について

ここで記載している「風船」はいずれも当時普及している 🎈 ゴム風船 です。


危険信号

針が付いた電車が丸形のレーンで回っていて、その 1 ヶ所に風船があり、
風船を割らないようにしながら何かを行うゲームの原点です。

 危険信号 | NHK 放送史
 危険信号 | Wikipedia

1956年(昭和31年)~1964年(昭和39年)、
土曜日または日曜日の夜(一時期金曜日)に 30 分番組で行われていて、
8 年も続いた人気番組でした。

ここから同等の仕組みで行うテレビ番組コーナーが存在し、
夕やけニャンニャン、クイズ!ヘキサゴンⅡ などの人気番組でも行われていたので、
年齢層広く認知があります。


ダイビングクイズ

二人の対戦型で、二人は滑り台に座りクイズに答えます。
クイズに正解すると相手、間違えると自分の滑り台が上がっていき、
耐えられなくなると落ちます。この落ちた場所に沢山の風船があり、
(「風船の海」と表現される場合あり)
風船が音をたてて散らばるシーンが良く、主に採用されています。
(他にトランポリン、室外でプールを使った回もあり)

 ダイビングクイズ | Wikipedia

毎日放送製作で、NETテレビ(現在の テレビ朝日)系列で放送されています。
1964 年~1974 年、日曜日の午後(当初は腫瘍の昼間)に放送されています。

その後他の番組でも同じような仕組みで行われていて、
特に人気長寿番組であった とんねるずのみなさんのおかげです で
数回行われていた事があり、この番組で知っている人もいます。


プリズナーNo.6

英語の原題は The Prisoner 。1967~1968 年にイギリスでテレビ公開されています。

 プリズナーNo.6 | Wikipedia

目を覚ました主人公は No.6 と言われ、不明の場所に居て、
この場所から脱走を試みるのですが、上司が監視をしていて、脱出を阻止します。
その阻止する手段の一つに不思議な白い物体(原作名 Rover)があるのですが、
この Rover として大きな白い風船が使われています。

 Rover (The Prisoner) | Wikipedia (英語版)

2009 年に新作が使われているのですが、こちらの Rover は CG 効果です。


クイズ・ドレミファドン!

 クイズ・ドレミファドン! | Wikipedia

レギュラー番組として放送されていた時期、
「ジョーズクイズ」(後の「スタージョーズクイズ」)や「岩石落としクイズ」で
回答者の頭上に風船を設置し、数問間違えると風船が割れてゲームが終了する仕組みでした。
リアクションの良さから女性のみの回答者の時に行われていた事が多いようです。
風船は決まって赤い風船が使われていました。


夕やけニャンニャン

おニャン子クラブ や関連グループが歌っている時の装飾として使われます。
当時は当時は現在のようなデコレーション技術がなく、飾っているのみです。
また、風船を使ったコーナーがよく存在していました。

 夕やけニャンニャン | Wikipedia

1985年(昭和60年)~1987年(昭和62年)と短期ながら
月曜日~金曜日の夕方に放送されていて、当時の学生は視聴しやすい時間帯でした。
とんねるず のブレーン・プロデューサーだった秋元康さんが企画協力していて、
とんねるず は当時からの人気上昇タレントで、その後も長寿番組を行い、
秋元さんは後にAKB48グループ・坂道シリーズのプロデュースをしています。

なお、夕やけニャンニャン が番組化される前に
オールナイトフジ女子高生スペシャル が 2 回放送されていて、
どちらも風船を使ったコーナーが存在しています。


とんねるずの生でダラダラいかせて!!

番組名は略して「生ダラ」。1991年~2001年放送で、
当時は視聴率上位の人気番組でした。
とんねるずの番組だった事もあり、
この番組も監修として 秋元康 さんが関わっています。

 とんねるずの生でダラダラいかせて!! | Wikipedia

「クイズ年の差なんちて!違うか!」(後の「クイズ生ダラ年の差なんちて!」)
のコーナーで風船を用いたゲームがありました。
このコーナーは会場収録で、1 チーム 4 人のチーム戦です。

当初は出演者個人の頭に風船を付け、何かのお題を記入していくのですが、
個人の番になると風船が膨らんでいき、割れるとその人は終了。
チーム全員の風船が割れたところでゲーム終了で、その後記載の正答でで得点が入ります。

後に一人が手足を固定されて、人の大きさ以上に膨らむ巨大風船を採用。
片方のチームで風船が割れるとゲーム終了でした。
更にチーム全員が結ばれた状態で巨大風船を膨らます形式に変化し、何周か行われます。

これらの風船はすべてヘリウムで膨らましていて、浮かぶ状態でした。
わざと針をつけたホウキで風船を割ったり、
分からないふりをしてどんどん風船を膨らませたりした事もありました。

なお、コーナー名は当時「クイズ!年の差なんて」というクイズ番組が存在し、
そこからのパロディーです。(そちらの番組は装飾や CD で風船を採用)


怪盗セイント・テール

少女漫画として 1994年~1996年、テレビアニメは 1995年~1996年 放映されました。

 怪盗セイント・テール | Wikipedia

セイント・テールが沢山の風船に乗って捕まらないように浮かんで逃げる事が多いです。
また、風船を使ったマジックを用いています。
大親友の聖良も子どもたちに風船を配るシーンがあります。

🎈 運営者情報
「聖良も子どもたちに風船を配るシーン」は漫画とアニメで違いがあります。
アニメしか知らない人はぜひ漫画も見てみて下さい。

ふうせんいぬティニー

原作は ティニー ふうせんいぬのものがたり
2014 年より NHK で放送され、グッズなども発売されています。

 ふうせんいぬティニー - 公式ウェブサイト
 ふうせんいぬティニー | NHK アニメワールド
 ティニー ふうせんいぬのものがたり | Wikipedia